減量

サウナはデトックスには意味ない?誤解されがちなポイント

「サウナは汗が出るだけで毒素は出ていないのでは?」
「サウナではデトックス効果はないのでは?」

雑誌でもサウナ特集が組まれるほど、最近はサウナブームになりつつあります。
しかし、サウナの効果について誤解されがちなポイントもありますよ!

その中でもサウナで汗をかく=デトックス効果があるというのは特に誤った認識を持ちやすい部分です。
この記事ではサウナとデトックスの関係についてご紹介します。

サウナとは


サウナはフィンランドが発祥地とされる、蒸気・熱気浴のことです。
蒸気や遠赤外線などで80~100℃ほどの高温になった部屋で身体を温めて汗を流す場所です。

サウナは大きく分けてドライサウナとミストサウナの二種類があります。
一般的なのがドライサウナで、湿度が10%と低くて部屋に入った瞬間に熱さを感じるぐらいの高温に設定されています。
短い時間で身体が温まり、発汗効果も高いのが特徴的です。

ミスとサウナはドライサウナに比べて10℃ほど低く設定されており、湿度が高いことも特徴のひとつです。

蒸気で室内を温めるミストサウナはドライサウナに比べて肌や髪の乾燥が起こりにくいことも魅力のひとつです。

サウナでデトックスができるのは誤解?


サウナで汗をかけば身体の毒が抜けるというのは間違いです。
デトックスとは一般的に身体の中に蓄積された老廃物や有害物質を外に排出することを指します。
確かに、汗の成分の中には水分だけでなくミネラルや尿素や乳酸などの老廃物も含まれていますが、汗と一緒に毒素を出すというのは誤解です。

身体の毒素を出すデトックス効果を求めるならば食生活を改善したり、身体の内側からのアプローチが必要です。
特にお酒を飲む人はアルコールを解毒するのに肝臓に負担がかかりがち。
デトックスも大切ですが、まずは身体に入る毒を減らして身体が持つデトックス機能を十分に発揮出来る環境を作ることが先決です。

お酒とボディメイクについてはこちらの記事でも解説していますので、是非チェックしてみてくださいね。
ダイエット中にお酒を飲む時に気をつけたいポイント

また、毒素は皮膚から抜けるのではなく、内臓(肝臓や腎臓)で解毒・濾過されて尿として排出されます。
したがって「アルコールをサウナで抜く」というのは誤った認識とも言えますよ!

臭いのする汗は身体の毒が原因と思われる人もいるかもしれませんが、身体から出たばかりの汗は無臭です。
汗の臭いのもとは皮膚の汚れや、その汚れにつく細菌が原因です。
身体の中の毒素とは別の原因であることを押さえておきましょう。

教科書をわかりやすく!「アルコール代謝の仕組み」〜二日酔いや脂肪肝はどうして起こる?〜

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

・サウナ用語の「整う」とは、サウナ→水風呂→休憩のルーティーンを繰り返すことによって得られる心地よさのことを指す
・サウナはフィンランドが発祥地とされる蒸気・熱気浴のこと
・サウナは大きく分けてドライサウナとミストサウナの二種類がある
・ドライサウナは湿度が10%と低く、一般的にサウナとして知られているもの
・ミストサウナはドライサウナに比べて10℃ほど低く、湿度が高い特徴がある
– サウナで汗をかけば身体の毒が抜けるというのは間違い
– 汗の成分の中には水分だけでなくミネラルや尿素や乳酸などの老廃物も含まれているが、毒素は汗と一緒には排出されない
– 毒素は皮膚から抜けるのではなく、内臓(肝臓や腎臓)で解毒・濾過されて尿として排出されるので、アルコールや毒素をサウナで抜くのは間違った認識
– 身体の毒素を出すデトックス効果を求めるならば食生活を改善したり、身体の内側からのアプローチが必要

サウナは身体を温めて、新陳代謝を促進させて汗をかくことで乳酸や老廃物を汗と一緒に排出させます。
効果を最大限に発揮したい場合は、普段の食生活も見直してみてくださいね!

関連記事

  1. 減量

    サウナは減量に効果的?3つの理由について解説

    「サウナに入るとダイエットに効果的と聞いたけれど本当?」「単に汗で…

  1. 筋トレ

    【悪化する?】痔の時に筋力トレーニングしても良いの?
  2. 筋トレ

    パーソナルトレーニングは効果あり?口コミをご紹介
  3. 筋トレ

    スクワットが原因で腰痛?悪化する理由と3つの解決策
  4. 筋トレ

    男性で足が細い人必見!足を太くするポイントを3つ紹介
  5. 未分類

    Hello world!
PAGE TOP