四十肩

30代で四十肩?若くてもなりやすい人の特徴と予防方法

「最近肩が痛くて、つり革につかまるのも辛い・・・」
「30歳前後だけれども、慢性的に肩が痛い!もしかして四十肩?」

このような悩みはありませんか?

今回は若い人でも四十肩になりやすい人の特徴と、防ぐための対策についてご紹介します。

四十肩とは


厳密に言うと、「四十肩」という病名は存在しません。
ぎっくり腰のようなあだ名なので、正式には肩関節周囲炎のような肩周りの炎症が当てはまる場合が多いようです。

肩周りのインナーマッスルの腱板や、アームカールで鍛えられる二頭筋の一部に炎症が起こることでも痛みが現れることも多く見られます。

主に40歳から50歳代を中心に、肩の痛みを訴える人が多いため四十肩という名前が付いていますが、以前は50代に多く発症されていたことから年々若年化しているとも言えます。
今では30代は勿論のこと、早く発症する人は20代で痛みを訴える人も少なくありません。

また、四十肩は肩こりの延長のように軽視されがちではありますが、痛みを放っておくと大けがになりかねません。
炎症が治まらない場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。

主な症状

四十肩の特徴として「全方向で症状がある」ことが挙げられます。
上や前方向といった特定の動作での痛みではなく、すべての方向へ腕を動作しても同様に痛みが出たり、動かせなかったりするのが一般的な肩の痛みとの違いです。

若いのに四十肩になりやすい人の特徴


前述の通り、四十肩は近年若年化している傾向があります。
20代や30代で四十肩になりやすい人の特徴は次の通りです。

– 運動の習慣のない人
– スマホやパソコン操作の時間が長い
– 猫背の人

上記に当てはまる人は、若くして四十肩になるリスクが高いと言えます。
スポーツや筋力トレーニング、ストレッチやウォーキングなどの運動の習慣があり、普段から肩周りを動かしていれば、仕事でパソコン・スマホ作業が多くても凝り固まってしまう危険性は全く身体を動かさない人に比べるとかなり低い傾向があります。

また、猫背の人はそもそも肩の可動域が狭いので、特に肩周りが固まりやすいので注意が必要です。
1つでも当てはまる項目がある人は、気付いたときに肩を回したり、姿勢を正したりすることから対策してみましょう!

四十肩の予防方法

ここからは四十肩にならないための対策をご紹介します。

ストレッチで肩周りをほぐす

肩の可動域が狭くなるのを、ストレッチで防ぎましょう!

肩をスムーズに動かすことが出来ると、次の項目でご紹介する運動の効果も得られやすくなりますよ!
仕事中で首や肩周りが凝りを感じてきたときなど、気付いたときにも取り組んでみてくださいね。

血行を促進させる

血行を促すことで肩の痛みのもとになる炎症を和らげることにも繋がります。
痛みを感じ始めた人には特に、凝り固まった血流を改善することを意識しましょう。

上記のストレッチに加えて、軽い運動にもチャレンジしましょう!

こちらのようなストレッチ要素を含む体操もおすすめです。
また、一見四十肩と関係ないように思えますが、下半身を鍛える事も全身の血行を促進することにも繋がりますよ!

下半身にはお尻や太ももといった大きな筋肉があるので、鍛える事で代謝がアップし、身体が温まりやすくなります。

その中でもスクワットは全身運動なので、座りっぱなしの仕事をしていて一日の運動量が少ない人には特におすすめです。
ジムに行かなくても、自分の体重だけで十分運動の効果が得られますよ!

スクワットでは、第二の心臓と呼ばれるほど血液循環で重要な役割のある「ふくらはぎ」も鍛えられるので、結果として血行の改善にも繋がります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

– 四十肩は若年化傾向にあり、20代、30代の人でも発症する
– 単なる肩の痛みとの違いは、痛みが全方向に現れる点である
– スマホ・パソコンを長時間する人や運動習慣のない人は若くても四十肩になりやすい
– 四十肩の予防方法はストレッチや運動で血行改善をすることも有効
– スクワットは全身運動なので、血行改善にもおすすめ

スマホやパソコンは仕事や生活において無くてはならないものなので、四十肩の予防のために使うのを辞めるのは難しいことですよね。
うまく四十肩のリスクと付き合っていくためにも、普段から身体を動かすことや時間を見つけてストレッチを行うことも予防のために大切なことです。

是非ご自身に合うものから取り入れて、上手く対策してみてくださいね!

  1. 筋トレ

    スクワットをやると膝が痛い3つの原因と解決法
  2. 筋トレ

    筋トレするとニキビが悪化する?3つの注意点について
  3. 筋トレ

    【喫煙者の筋トレ】タバコを吸うトレーニーが特に摂るべき栄養素
  4. 筋トレ

    【筋トレとタバコ】喫煙がトレーニングに与える悪影響3つ
  5. 筋トレ

    筋肉痛がひどいときは痛み止めを飲んでもいいの?
PAGE TOP